新卒一年目で海外就職の道を歩む!単身マレーシアで働く彼女のやりたいこと

新卒一年目で海外就職の道を歩む!単身マレーシアで働く彼女のやりたいこと

赤野楓恋

あかの かれん

休日の趣味は五つ星ホテルのカフェ巡り

プロフィール

出身:宮崎県宮崎市

所属:STARTEK

   2019年宮崎大学卒業

趣味:五つ星ホテル巡り・カフェ巡り・東南アジア旅行 

 

新卒1年目で海外企業に就職!?

今年(2019年)の3月、宮崎大学農学部を卒業した赤野さんは、新卒1年目にしてアメリカ本社・マレーシア支社の外資系企業に就職しました。働く舞台は東南アジアに位置するマレーシア。

マレーシアは多民族国家であり、なおかつ外資系企業ということで、同僚も韓国人・インド系・日本人・マレーシア人とバラエティー豊かな職場環境です。

気になる赤野さんの仕事内容は、某大手旅行会社の業務委託として、ホテル・航空券のオンライン予約や旅行に関するトラブル対応を行っています。

仕事で大変なことは?

赤野さんの業務は世界中の航空券を取り扱っていることもあり、業務内容は簡単ではありません。

万一、フライトスケジュールの変更や欠航が発生した場合は、いち早くお客様に連絡し、キャンセル便の振替や周辺ホテル1件1件に電話して宿泊地の手配などを行わなければなりません。

そのため、日頃から世界中のニュースを知る必要があります。なぜなら、海外では空港でのストライキが頻繁に行われたり、台風やハリケーンなどの天候に仕事量が左右されたりするからです。

また、外資系企業といえば、給料に見合う働きをしているのかは当然のこと、入社後数年たっても昇進できないのであれば、ほかの人にそのチャンスを与えるシビアな労働環境ですが、赤野さんに精神的ストレスは感じないのか?と聞いたところ、意外な回答が返ってきました。

それは、

『学生時代の頃はバイトやインターンシップ、研究等、日々やらなければならないことが山積みで、分単位のタイムスケジュールだった。だから、定時で帰宅できる今の仕事の方が学生時代よりも楽だよ!』

という答えをもらいました。

その言葉を聞いて、私が所属する国際交流サークルの先輩だった赤野さんは、多くの人にポジティブな影響を与えていたと同時に、何にでも挑戦し、目の前の可能性を追い続けていたことを思い出しました。

武者修行メンバーとの集合写真
”プロ”のカードを持っているのが赤野さん

 

海外就職の魅力とは?

赤野さんに海外就職の魅力を伺ったところ、真っ先に挙がったのが、英語を日常で話すことができる点です。

同僚と英語で業務を遂行したり、マレーシアの大学生と友達になってお喋りしたりするなど、日常的に英語の勉強ができます。

2つ目に、現在の仕事は、自分のやりたいことに合わせてシフトを変更することができる点です。そのため、日本のように仕事がメインの生活ではなく、やりたいことを最優先にしながら仕事ができるのも外資系企業ならではだと言います。

赤野さんは海外旅行が大好きなので、毎月一回は海外旅行に出掛けます。先月は韓国へ、今月はシンガポールへ、来月はオーストラリアへ、同期やルームメイトと旅行する予定です。

仕事もきっちり頑張りつつ、私生活も思いっきり充実させる赤野さんのお話をお聞きして、プライベートと仕事を納得感をもって両立できる環境があるということに驚きました。

 

セブ島で英語留学に行った時の写真

 

更に外資系企業の良い点は、年齢や経験、性別に関係なく、成果を出した分その対価として賃金が支払われたり、昇進・昇格したりすることができます。赤野さんの職場にも、若手で実力を発揮して高収入を得ている人はたくさんおり、マネジメント職に就いている人もいるそうです。

赤野さん自身も、新卒2年目で役職が欲しいそうで、そのために今の仕事を頑張っています!

お話を伺いながら、赤野さんは自分の可能性を信じ、自ら未来を開拓していく高い志を持っていらっしゃる方だと感じました。

 

同期とランカウイ島に旅行に行った時の写真

赤野さんの一日のスケジュールは?

赤野さんの職場はシフト制です。今回は昼出勤の場合の1日のスケジュールを教えてもらいました。

13:00 出社・仕事開始

16:00 1時間のランチタイム

17:00 仕事開始

18:30 30分間の休憩

19:00 仕事

21:00 帰宅

シフトの組み方次第で、自分のやりたいことを優先できる職場環境だそうです。

生活コストを大公開!

また、1ヶ月の生活費についても教えていただきました。

①家賃

1ヶ月あたり1100RM/人(約28600円)で、24時間セキュリティガードマンがいるジムやプールの付いているコンドミニアムのユニットをシェアする形で、ルームメイトと2人暮らしをしており2LDKの比較的広いお家に住んでいるそうです。家具家電付きです。

②水道光熱費

・1ヶ月の電気代15RM/人(約390円)
・1ヶ月の水道代6.5RM/人(約169円)
・1ヶ月のガス代自炊しないため0RM(0円)

③携帯代

1ヶ月あたり6GBSNS使い放題プラン35RM(約910円)

④Wi-Fi代 

1ヶ月あたり52RM/人(約1352円)

Wi-Fi代は2人で合わせたら約2700円とそこまで安くありません。赤野さんは、TIMEという会社と契約していますが不自由なく使えて助かっているそうです。

⑤食費

1ヶ月あたり700RM(約18200円)

仕事の日は、昼食が7RM(約182円)夕食が8RM(約208円)と安くで済んでいるそうですが、休日に日本食を食べに行ったりカフェ巡りをしたりするため結構お金がかかっています。

マレーシアは自炊するより買ったほうが安い場合も多いので赤野さんはいつも外食や宅配サービスを利用して食事を楽しんでいます。

⑥交通費

1ヶ月あたり130RM(約3380円)

赤野さんは車を持っていないため、電車、バス、配車タクシーのGrabを利用しています。

通勤は徒歩のため休日出掛けるときに使っています。首都中心だとバスは無料のものもあるので凄く便利です。

観光地は、ほとんど近くに駅があるため電車で大丈夫ですが、観光地でない場所や夜駅から家に帰るまで徒歩だと危ないのでGrabを利用しています。

⑦娯楽代

1ヶ月あたり400RM(10400円)

マレーシアでは映画が13RM(約338円)とかなり安いので映画館に通っているそうです。また海外ドラマが大好きな為Netflixも契約していて月34RM(約884円)かかるそうです。

光熱費や食費など日本の比較するとマレーシアはコストを抑えて生活できる点が魅力的でした。詳しくは赤野さんがライターを務めるこちらの記事をご覧ください。

赤野さんの強み

赤野さんの強みは学生時代から大好きだった”旅行”を今の仕事にしていることです。

赤野さんは学生時代から旅行が大好きで、休暇を利用して海外へ頻繁に足を運んでいました。

その経験が今の仕事にも活きており、旅行に行くお客様の気持ちが手に取るように分かるそうです。

また、旅行業という特性上、お客様の特別なシーンに立ち会う場面が多いのも仕事も面白さだと言います。

例えば、「ハネムーン旅行で彼女にサプライズをしたいので、一緒にプランを考えてくれませんか?」「おじいちゃんの還暦のお祝いのため、旅行中にサプライズケーキを用意して欲しい」などと言ったオーダーを受けることがあります。

トラブル対応など難易度の高い業務に苦戦することもありますが、お客様の素敵な経験に立ち会えることはこの仕事の大きな魅力だそうです。

 

宮崎名物のえれこっちゃ祭りで留学生のチューターをした時の写真

将来のやりたいこと

赤野さんは、3年後台湾で働くことを目標としています。

もともと赤野さんは台湾が大好きで、台湾へ留学経験があります。

そのため、新卒一年目から台湾で働くことも考えたのですが、台湾で働くためには社会人経験が3年は必要で、4年生大学卒業ではビザが取れないこともあり、社会人経験をマレーシアで積んでから台湾への移住を検討しています。

台湾では、日本語の先生の資格を取り、日本語教師として働きたいそうです。

台湾で日本語の先生をした時の写真

他にも、いろいろな副業を経験してみたいそうです。現在も、記事のライターやトラベルコのツアーガイドを休日行なっています。

是非、赤野さんがライターを務める記事やSNSをチェックしてみてください!

赤野さんがライターを務めるメディア一覧

・マレーシアのリアルがわかる記事myasianlife

・マレーシア就職気になる人はこちらからご相談くださいマイアジサポート

・飲食店オーナー向けの記事教えてASEAN

・赤野さんのTwitterアカウント

・赤野さんのYouTubeチャンネル

・赤野さんのInstagramアカウント

赤野さんから大学生へアドバイス

就職をこれからに控えた学生に向けて赤野さんは次のようなアドバイスをしてくださいました。

仕事をどう捉えるか?

自分は何が譲れないか?

就活の時点でもう一度じっくり考えてみてください。

この言葉の背景には、赤野さんが絶対に譲れないものに”旅行”があるため、思い切って海外で就職活動をしたからこそ”旅行”と”仕事”を両立できる環境を手に入れることができたと考えます。

また、早い段階で自分のキャリアを積み上げたい赤野さんが働いている環境は、新社会人としてとても勉強になっているそうです。例えば、ミーティングの場でも自分の意見を主張する必要があるため、積極性や主体性が身につきます。また、どうすれば効率的にお客さんの課題を解決できるかを常に考えながら仕事をするため、先を読む力を身につけることできます。

就活は人生における大きなイベントです。その中で自分に合う企業や、心から働きたいと思える企業を見極めるためには、赤野さんのように自分自身の「軸」を持つことが大事です。明確な「軸」を物差しに企業を選ぶことができれば、後悔のない選択ができると思います。

マレーシア就職について興味がある方はこちらから相談できます。興味が湧いた方はぜひチェックしてみてください。

最後に

赤野さんのHiDANE、いかがだったでしょうか?

活動に興味を持った方、応援したいという方は是非コメントやメッセージをお待ちしております!

また、HiDANE公式TwitterInstagramなどでもメッセージを受け付けております!

その他、シェアもいいね!も大歓迎です。

ではまた次回のHiDANEでお会いしましょう!

1つ星 (8 記事がいいなと思ったら、ハートボタン押してね!/ )
読み込み中...
 

社会人カテゴリの最新記事