宮崎大学

「大学が面白くない」農学部女子が大学院生になって見つけたやりたいこととは

永木理子

「大学が面白くなかったんです」
そんな彼女が見つけた “やりたいこと” と “想い” とは

プロフィール

長崎県 島原市出身
宮崎大学 農学部 植物生産環境科学科 修士 1年

大学が楽しくない

元々、大分の短期大学に通っていた永木さん。
編入という形で宮崎大学に入学し、希望の研究室にも入ることができ、充実した学生生活を送れると思っていました。

しかし、編入生は1,2年生の単位も取得しないといけないため授業数が多く、想像以上に忙しい日々だったそうです。

「やりたいことを見つける時間が無かった」

その当時を振りかって永木さんはそう話します。

彼女は、

「大学が楽しくない」

そんな思いを抱きながら研究室に通う日々に、疑問を抱いていました。

そこで大学院に進学して、もう一度ゆっくり自分のやりたいことについて考えることにしました。

そして見つかったやりたいことは

彼女が今やりたいこと

留学がしたい

きっかけ

永木さんは友達に誘われ去年と今年、留学生の生活をサポートするチューターとしてウィンタープログラムに参加しました。

一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べたりする事で、様々な国の学生と仲良くなれることがとても楽しかったそうです。

しかし、チューターとして外国人と生活していく中で、自分の英語や中国語が通用しないことにもどかしさや悔しさを感じていました。

「伝えたいことが伝えられない」

「もっと外国の方たちと仲良くなりたい」

“留学”してもっと英語や中国語が話せるようになりたいと思うようになりました。

これから

今は“留学”に関する情報を集めている状況で、6月に農業留学説明会などもあり、積極的に参加していこうと考えています。

永木さんの今求めるもの

語学を一緒に勉強してくれる人を募集しています!

今は中国語を勉強したいです!

最後に

永木さんは大学院に行くことで自分を見つめる時間を作り、やりたいことを見つけました。

そんな永木さんのHiDANEいかがだってでしょうか?

彼女への応援のメッセージやアドバイス等ありましたら、HiDANE公式SNSのDMまたは問い合わせページからご連絡ください



コメントやSNSのシェア、いいねボタンもお待ちしております!!

「留学」に関わるHiDANEを読みたい方にはこちらもオススメ!

「今度は自分が背中を押す番」この夏アメリカ留学に行く大学生が考える留学×発信

「大学の時間を無駄にしたくない」サッカーに情熱を捧げた彼が次に挑戦すること

この記事をシェアする
アバター
投稿者: 久保 嘉春
投稿一覧

HiDANE 代表

宮崎大学 農学部 3年 京都府に生まれ育ち、大学から宮崎に。 野球、陸上、水泳などのスポーツを経験し、最終的に茶道部に行き着きました。 お茶が好きすぎて最近ちょっとずつ緑になってる気がします。 2020東京オリンピックプロジェクトの学生アンバサダーを務めたり、考えたハンバーガーが商品化されたり、お茶の営業をしたり、TASUKAKEのライターをやったり、なんかやりたいこと多すぎていろいろやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。