HiDANEができて1ヶ月が経ち、そして今回オリジナルサイトに移行したことを機に、改めてHiDANEがどのようなメディアなのかについてお話しさせていただきたいと思います。

私たちの思い

私たちHiDANEは

“やりたいこと”を「やりたい」と言える世界にしたい。

そんな思いで活動しています。

やりたいことがある方へ

みなさんは ”やりたいこと” や ”やってみたいこと” はありますか?

「ある」と言う方へ

ではどうしてその”やりたいこと” ”やってみたいこと”をやらない、やれないのでしょうか。

私たちはそれを、

自分がそれをやっている姿をイメージできないから

だと考えます。

僕自身も、今このHiDANEをやっているとは数ヶ月前まで思いもしませんでした。

はっきりイメージできたのは、

「自分はこれをやりたい!」

と思い切って言い始めてからでした。

そうすると、一緒にやってくれる仲間、アドバイスをくれる方、共感して応援してくれる方がおもしろいくらい増えてきて、

“やりたいこと”が”できること”に変わりました。

やりたいことをするためにまずやるべきことは

「私はこれをやりたい!」と言うこと

だと実感しました。

HiDANEはやりたいことがある方の発信の場所、つまり始まりの場所です。

応援してくれる方や一緒に活動できる方との繋がりを作れるメディアとなっています。

やりたいことが見つからない方へ

やりたいことが見つからずなんとなく毎日を過ごしている方もたくさんいると思います。

HiDANEはそのような方にもぜひ見ていただきたいメディアです。

HiDANEが発信するのは何か人とは違う特別なことをしている方ではなく、

単純に何かをやろうとしている方

です。

やりたいこと、やっていることに大小はないと私たちは思っています。

ですのでよりご自身に身近な方たちの記事を読むことができ、「この子がやっているなら私も頑張れるかも!」と、いい意味でやりたいことがイメージしやすくなると思います。

つまり、HiDANEは自分のやりたいことを発見するきっかけの場所でもあります。

HiDANEのこれから

私たちHiDANEはこれからもたくさんの方のやりたいことをいろいろな媒体や方法を使って発信していきます。

現在は宮崎の学生を主に紹介していますが、ゆくゆくは全国そして世界中の人たちの”やりたいこと”を発信していこうと思っています。

イベントや企画なども考えているのでこれからもHiDANEをよろしくお願いします。

みなさんの中にある、今は火種のように小さな”やりたいこと”を少しでも大きくできるように🔥

この記事をシェアする
投稿者: 久保 嘉春
投稿一覧

HiDANE 代表

宮崎大学 農学部 3年 京都府に生まれ育ち、大学から宮崎に。 野球、陸上、水泳などのスポーツを経験し、最終的に茶道部に行き着きました。 お茶が好きすぎて最近ちょっとずつ緑になってる気がします。 2020東京オリンピックプロジェクトの学生アンバサダーを務めたり、考えたハンバーガーが商品化されたり、お茶の営業をしたり、TASUKAKEのライターをやったり、なんかやりたいこと多すぎていろいろやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。