「今度は自分が背中を押す番」この夏アメリカ留学に行く大学生が考える留学×発信

, , , , ,

上野貴之

「今度は僕が背中を押す番」上野くんはなぜそのように思うのか。そして彼の“やりたい”こととは

プロフィール

京都府相楽郡出身

大阪大学 人間科学部 人間科学科 4年

海外での経験を経て留学へ

上野くんは大学1年生の頃から海外に興味を持ち、台湾、タイ、オーストラリア、オランダ、中国、韓国、インド、シンガポール、ルワンダなど旅行やインターン、ボランティアを通して現在までに9カ国を訪れたそうです。

そうやっていろいろな国に行くうちに、海外で働きたいという思いが強くなっていった上野くんは

「将来海外で働くために価値観を広げたい!」

と思うようになりました。

また、高校生の頃から留学への憧れや

「英語をネイティブの人たちと同じくらい話せるようになりたい!」

という思いも強く、

ついにこの夏、社会学を勉強しにアメリカの大学に1年間“留学”することを決めました!

「苦しかった」

そんな海外経験豊富な上野くんですが、“留学”までの道のりはとても長く苦しかったといいます。

特に苦しかったのは

“モチベーションの維持”

でした。

留学先の情報の入手や英語の勉強なども1人でやらないといけない状況が続き、“留学”するということに不安を感じていたといいます。

試験も難しく、先の見えない“留学”というものに対してモチベーションが続かなくなりそうでした。

そんな苦しむ上野くんを救ってくれたもの、それは何だったのでしょうか。

背中を押してくれたもの

“留学”に対する気持ちが薄れていく時、支えてくれたのは、YouTubeやinstagramを通して見ることのできる

“留学している人たちが発信している情報”

でした。

実際に“留学”している人たちが、留学先での生活や課題の内容、日本との違いなどをSNSを使って“発信”していました。

その“発信”を見ることによって“留学”に対するイメージを常に持つことができ、最後まで頑張ることができたそうです。

また、いつも近くで支えてくれた大学の先生もモチベーションの維持に繋がる大きな存在だったと言います。

「自分1人では頑張れなかった」

背中を押してくれる人たちがいたからやりたいことできることに!

そして上野くんの”やりたいこと”

“留学”が決まった上野くんは、今度は自分がこれから“留学”に挑戦する人たちに何ができるのかについて考えたそうです。そして見つけた“やりたいこと”それは

“留学先での生活を発信したい!”

そして

“今度は自分が苦しむ学生の背中を押したい!”

ということです!

留学先での生活を楽しい部分だけではなく、しんどいことや辛いことも包み隠さず“発信”していこうと考えています。

そうすることで1人でも多くの悩んでいる学生の背中を押したいと、上野くんは強く思っています。

「フォローしてください」

今上野くんが求めるものは

「多くの人に自分の投稿を見てほしい!」

ということです。

Instagramでは現地の学生の“やりたいこと”“発信”する予定です。

以下に投稿予定のSNSアカウントが貼ってあるので是非フォローしてみてください!

https://instagram.com/tgsu826?r=nametag

最後に

上野くんの”やりたいこと”に興味を持った方、応援したいという方は是非コメントやメッセージをお待ちしております!

是非上野くんのアカウントもフォローよろしくお願いします!

また、HiDANE公式TwitterInstagramなどでもメッセージを受け付けております!

その他、シェアもいいね!も大歓迎です。

ではまた次回のHiDANEで🔥

「留学」に関するHiDANEを読みたい方にはこちらもオススメ!

「やりたいことが見つからない」悩める大学生が出した一つの答えとは

「先生の姿に憧れたんです」幼少期の出会いをきっかけに描いた夢

この記事をシェアする
投稿者: 久保 嘉春
投稿一覧

HiDANE 代表

宮崎大学 農学部 3年 京都府に生まれ育ち、大学から宮崎に。 野球、陸上、水泳などのスポーツを経験し、最終的に茶道部に行き着きました。 お茶が好きすぎて最近ちょっとずつ緑になってる気がします。 2020東京オリンピックプロジェクトの学生アンバサダーを務めたり、考えたハンバーガーが商品化されたり、お茶の営業をしたり、TASUKAKEのライターをやったり、なんかやりたいこと多すぎていろいろやってます。

関連記事

関連記事はありません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。